「稽古日誌」カテゴリーアーカイブ

1/18(土)


道場に入ると温度計が9℃…(^^;
寒いと体も固くなりやすいので、準備運動では柔軟体操や、手首足首をほぐしました。怪我のないように気をつけていきたいですね。

今日は転換の時から体重をしっかり前足にかけることを注意しようと話しながらやりました。
転換、四股、受身の後は一教運動から。
手を合わせたところからしっかり腰を切ります。肘に当てた手に上から真っ直ぐ力を乗せます。返す時は腰から。
次は正面打ち一教。
倒れ込むくらい前に体重をかけてしっかり入り、一教運動と同じ形で腰を切って相手を落とす形で。
次も正面打ち一教。
ですが違う一教です。
形を決めてしっかり落とすのではなく相手の落としたい中心を狙って攻めて動いていきます。
同じ一教ですが、全く違って見えると思います。一つの形ではなく、色々やって自分の好きな形好きなやり方、また相手によっても合う形合うやり方、あるといいなと思います。

そこまでやって師範稽古に。

・交差持ち入身投げ
・片手持ち入身投げ
・片手持ち四方投げ
・両手持ち四方投げ
・両手持ち呼吸投げ

ここでNORIさんが帰ったので副館補が追記します。

交差取り入身投げ(肘入れ)

片手取り回転投げ

片手取り呼吸投げ(5の転換)

稽古後稽古では交差取り入身投げを復習です。館長も一緒に行いましたが、やっぱりみんなと感覚が違います。同じ様にやっても違うし、センサーでもっていかれると私の好きな嫌な感覚が残ります。是非皆さん体感してください。

今日は昇段された方に免状が渡されました。

初段の高校生2人と二段のSmall lilyさんです。おめでとうございます。これからも頑張ってください。

1/12 八事稽古

昨秋の審査はつい詰め込みに必死になった八事ですが、

基本に戻ってしっかり稽古していきたいと思っています。

打ち込みはやはり基本の一つかと思うので

回数は少なくても毎回やりたいですね。

「説明が理屈っぽい・・・(~_~;)」と

体験者の方に逃げられた経験を持つ私ですので

何とかシンプルに説明、を心がけつつ(^^;

.

転換の動きを入れた基本技をやりたかったので、小手返しを。

*片手持ち小手返し

*突き小手返し

*後ろ持ち小手返し

.

そのあとは、

来て下さっていたS会のY先生に稽古をしていただくことに。

AFWさんのリクエストで入身投げです。

Y先生の説明は、ほぉぉ~なるほど~と唸ってしまうことが多く

その技には目を見張ってしまいます。

先生を囲んでの稽古後稽古も盛り上がっていました。

ありがとうございました(^^)

また来てくださるのを楽しみにしています!

.

館長は体術稽古の横で剣の個人稽古を順にしてくださいました。

少しずつでも、ステップアップしていきたいです。

.


1/5 八事

明けましておめでとうございます。

1/4(土)年明け最初の東郷道場での稽古は入り身投げによる消耗が激しかったので、1/5(日)の八事道場での稽古は入り身投げをするかしないか悩みつつ。。。

いつも通り、準備体操・四股・体転換・前廻り受け身・後ろ廻り受け身・膝行。ん?前廻りが横廻りだったり、後ろ廻りが右も左も同じだったりしてる子も。。。膝行はわりとみんなできるようになってますね。

八事道場には色帯を取ったばかりの初心者のお子さんがいらっしゃいます。立ち方・構えの再確認の意味も込めて、正面打ち、横面打ち、中断突きの打ち込みをやりました。体が温まってきたので、技をやります。

◇片手持ち・四方投げ

◇ 交差持ち・四方投げ

◇ 片手持ち・三教

◇ 後ろ持ち・三教または四方投げ

後ろ持ちから、三教または四方投げのどちらにも移行できるのが理解いただけたでしょうか?

稽古後の自由稽古は、先生に剣術をご指導いただきました。そろそろアラフォーではなくなりつつありますが、まだまだ初心者です。今年もよろしくお願いします。

12/18 副館補

今日は「圧」の稽古

正面打ち一教(表)

切り落とすのではなく、圧をかけたまま、逆らわない前に入れる位置を探します。

正面打ち一教(裏)

切り落としに逆らわないように圧をかけたまま捌きます。

正面打ち

推手の状態から切り落としてもらい、逆らわない位置に正中線を意識して入ります。元の位置に戻したらいい位置に入りなおして位置をとります。

掌を中指で動かす。

掌の中心に中指を置き圧を感じながら動かします。

うまく説明が出来ないです。館長の技を体感してもらうとわかるのですが・・・

皆さん是非、水曜日の稽古に来てください。

12/15 副館補

今日は忘年会の翌日ということもあって稽古参加者は少なめでした。

白帯と体験者がいましたが、三教からスタートです。

正面打ち三教(表)

切り落とした後、相手に寄りかかり起き上がれない状態から手を奥からとり肘を押さえて回り込みます。

2〜3人に分かれて始めました。

・・・が、白帯がまだ二教をやっていないことがわかり、片手とり二教に変更。

体験者の方もいたので分解して行いました。

・手を取られたら当身

・掌を並べて親指を手首にかけるように45°の位置に入りながら両手を回します。

・掌と甲を合わせて親指を押さえるようにとり、反対の手は親指を引っ掛けてから腕をとります。

・小指を相手の正中に入れ、肘を折るように。

ここまでを繰り返し行いました。

形は覚えてもらえたかな?白帯の子供たち。次の稽古までちゃんと覚えていてください。

体験者の方が入門していただけました。慣れない動きで筋肉痛は大丈夫だったでしょうか。

もうすぐ道場設立から丸6年になります。本当に多くの方が入門されました。

来年も楽しく稽古をしていきましょう。

11・23 副館補

今日は審査の翌日ということもあり、参加者は少なめ。
ゆっくりとした稽古をしました。体験者の方もみえたので細かく説明したつもりでしたが、理解していただけたでしょうか。

まずは、片手どり二教
 手のひらを上に向けて、親指をかけるように大きく円を描くよに行いました。

正面打ち三教
 両手で落とし、相手を崩すことを意識してもらいました。

片手どり隅落とし
 かかとと手の位置で二等辺三角形の頂点をなぜるように。

片手どり呼吸投げ
 小指が引っかかるように手刀で少し相手側に入れるように。


審査も終わったので白帯の子供たちも新しい技を頑張って覚えましょう。
少し見ていたのですが、なんと白帯の子供たちが以前よりもスムーズに稽古をしています。子供たちの中で審査を受けたことで何か変わったのでしょうか。すごく稽古がしやすく、ゆっくりとみんなを見ていれました。

審査の結果がわかるまでしばらくありますが、楽しみにしていてください。


令和元年 昇級昇段審査(秋)

伊勢原と東京からも先生に来ていただき、昇級昇段審査を行いました。今回も多数の方がとても良い緊張の中で審査を受けていました。
みなさん、審査の出来はどうだったでしょうか?とても堂々と技がかけれている子、緊張して力が入ってしまう子・・・
でも、大人の方が緊張していましたね。
みなさん疲れ様でした。これからもっと頑張ってください。

伊勢原道場合同稽古

今回は伊勢原道場で三道場合同稽古に参加してきました。
名古屋からは五人。館長、Noriさん、Mightyさん、3Bayさんと私です。

8時の新幹線で出発!
天候も良く、富士山もよく見えました。


小田原で新幹線を降りて、伊勢原駅へ

ここからタクシーで田中先生と待ち合わせの日向神社へ向かいました。


ここは国の重要文化財に指定さ照れおり、天気の良い湿気の少ない時しか見れないところです。詳しいことはホームページをご覧ください。(もっと勉強しなくては・・・)


伊勢原市体育館にて「三道場合同 師範稽古」です。


綺麗な道場です。参加者も多数。気合いを入れて頑張りましょう。

ガンガン投げられていい汗をかきました。みんな、帰ってから復習に付き合ってください。

懇親会に向かう頃には日が暮れかけていました。自然豊かないいところです。

懇親会も大賑わい。いろんな方とお話ができました。みなさん今度は名古屋稽古に参加してください。お待ちしています。

10/26 田中先生 師範稽古

田中茂穗先生が名古屋に来ていただき稽古を指導していただけました。こんな機会は滅多にありません。参加した皆さんこの体験を忘れないようにしてください。

胸取り呼吸投げ

胸取り三教

胸取り肘極め

片手取り回転投げ

片手取り二教

片手取り四方投げ

諸手取り入り身投げ

諸手取り二教 肘極め


座りの呼吸

いくつかの技を先生にかけていただきましたが、本当に貴重な体験ができました。言葉では表現できないことも多いです。体感しないとわからないことがいっぱいあります。
みなさん、次の機会は絶対参加してください。

9月8日(日) 八事稽古

朝晩はずいぶん涼しくなってきました。秋ですね。


秋といえば、昇級昇段審査。

春に昇段を見送った高1生も、そろそろ何か言われるのではとびくびくしている有段者も、そして春から始めた八事の白帯達も、ドキドキしながら頑張りましょう。

というわけで、初心に返る稽古を考えていたら、稽古始まってから増える増える大人。結局二つに分けての稽古になりました。

いつも、担当の日はある程度メンバーを想像して何をしようか考えていくのですがほぼ予想が外れるのはなぜでしょうね笑

本日のテーマは「真ん中を意識する」。

初心者は徹底的に四方投げデーとなりました。

大人の方々は、

・片手取四方投げ

・正面打一教

・突小手返し

・座技呼吸法

個人的に、動きたいけれど動くと真ん中が合わなくなったり我が強くなったり止まってしまったり、という技を選んでみました。

審査は11月終わり頃の週を予定しています。受けようか悩んでいる人も相談に来てください(^^)

8/17 副館補

今日は館長がT大の合宿に田中先生と参加されたため、私の稽古となりました。

夏合宿で指導いただいた技の復習です。

半身半立ち四方投げ                    注意点は相手側の足を出し、膝をつきます。相手を釣り上げて後方に回して四方投げ。なるべく自分が動かず相手を回します。

諸手どり二教                       指先ではなく手首から絡めると絡めやすいです。相手の可動域で転換をしないで自分の可動域で行う。

後ろどり三教                       足は前後、少し前に円を書くように。

片手どり三教                       当身はきちんと入れる。回した時に相手を崩す。

胸取り肘極め                       力一杯握ると骨に力が伝わって回せません。カメレオンのように挟んで外側の肉(皮)を向くように。

木の葉返し                        取られた時に手を切るように。回して手首を取って崩します。

今日はできるだけ自分が動かない技を選んだつもりでしたが結構息切れしている人がいました。動きすぎか力の入れすぎです。注意しましょう。他にもまだ夏合宿の技がありますので自分の稽古担当の時に稽古していきましょう。

稽古後稽古でプリキュアの二人が片手どりで悩んでいました。特にキュアブラックは今度の稽古担当が近いので稽古の組み立てに苦労したましたね。でも人に教えると再確認で自分も勉強になりますよ。頑張ってください。

8/4稽古日誌

八事道場での稽古も参加者が結構増えてきました。

いつも通り体操・四股踏み・転換・受身・膝行をやった後、

・片手持ち四方投げ:表裏

四方投げはいろいろな崩しから入れます。

・片手持ち隅落とし

持たれた手の方向に一歩踏み出し相手の両足の後三角に手を置きに行きます。直線的に行くより、弧を描く感じで。片手で落とせない場合はもう片方の手で相手の腕を上から押しながら一歩踏み込んで投げます。転換して”つ”の字を書くように投げる方法もあります。

・片手持ち呼吸投げ:外回転

持たれた手の方向に一歩踏み出し相手の側面に立って振り返り、相手と同じ方向を向いて、野球の投球のように腕を回しながら手刀を切り落とし投げます。

・片手持ち呼吸投げ:転換から

転換して投げます。転換して腕を振り上げてから投げる。高めに腕を出して誘ったところから、転換して腕を下げながらそのまま畳に置きに行く。転換して前に出ながら投げる。などいろいろあります。

・両手持ち呼吸投げ:2種類

1種類目:持たれた手の前足側に手をくぐるように一歩踏み込みながら、振り返ってなげます。

2種類目:いわゆる蝶々です。相手の前足側側面にしゃがみ込むように入りながら両手を自分の背中側に振り下ろします。一歩後退しながら相手を引き込むように勢いをつけて投げる方法もあります。

1種類目をやっている人のほうが多かったですね。

呼吸投げを多くやりましたが、相手の動きや速さに合わせて投げるのがコツだと思います。初心者の方々の受け身の稽古にもなればよいと思います。

初心者の方々は基本の形で、有段者の方々は色々な崩しから、やってみて下さい。

7/3 副館補

今日は有段者と茶帯のみの稽古開始。先生が見渡してうなずいてました。

ということで水曜日恒例のマニアックな稽古です。

今日は技の数が多かったですね。(技の名前は不確定です。)

柔道返し

両手取りニ教

両手持ちの肘折り

奥襟どり四方投げ

胸どり四方投げ(裏)

胸どり肘返し

胸持ち肘極め

胸どり肘折り

胸どり肘極めからの四方投げ

中段突き十字切り呼吸投げ

中段突き十字受け

いつもよりもゆっくりと入る位置、重心を確認しながら行いましたが、難しい。

一人戦車のような人と肩関節が異様に柔らかい人がいるのですが、いつもは外に入り稼働範囲外で崩すので倒しやすいですが、内に入ると崩しにくい。乗せにくい。

入れる位置は先生が教えてくれるのでわかりますが、そこにたどり着けないです。

しばらく悶々が続きそうです。

ね!RAHさん。

6/30 副館補

今日は人数も少なく、白帯が多いので急遽「受け身」中心の稽古に切り替えました。

まずは膝をついた状態で右膝を少し出します。右手を左膝の外側に入れて後方を見ます。左手を上げ後方に外らせます。床につくぐらいまで外らせたら後ろ足で蹴って回ります。斜めに蹴ると横に流れるのでまっすぐ入れるようにしてください。

次に立った状態で両手で車輪を作ります。つま先に下ろし、回転方向に合わせます。手~肘~肩~斜めに背中~お尻の順について行きます。肘を折らないように注意してください。

次は後ろ受け身

最初は膝をついて倒れたら足を入れ替えて起きる形を繰り返して形を覚えてもらいます。

次に回転をしてもらましたが、日の浅い子などは苦戦していました。

白帯が受け身をしている時に青帯以上は合宿前稽古です。

まずは「五教」

田中先生にように当身を入れながら入り固めた手で受けます。

「片手どり二教」

当身を入れた手を腕に滑らして落とす二教です。少し肩を開くとやりやすいですね。

ここから白帯も一緒に稽古です。

片手どり二教(通常バージョン)

当身~指かけ~足運び~手のひらを相手に~円書き~手を取り~入れる。です。

最近は入門者が多く白帯がかなり増えました。20人くらいはいるでしょうか。みんな頑張ってください。

先日体験に来てくれた女性はまた来てくれるでしょうか?

6月29日(土) 東郷稽古

参加者31人、3人組でも10組… 暑いはずです。湿気の多い時季、熱中症には気をつけて稽古していきましょう。

痛い系技の多かった本日ですが、稽古後に腕をさすっている人が思ったより少なかったのでよかったです。

・胸取り二教

・胸取り肘極め

・半身半立四方投げ

・片手取り三教

・片手取り木の葉返し

夏合宿まであと三週間となりました。

予定変更のある方はご連絡ください。

しっかり稽古してしっかり楽しめる合宿にしましょう(^^)

6/20 副館補

水曜日は館長のマニアック稽古です。

うう~眉間にシワが・・・

久しぶりにRAHさんが水曜日に初めから稽古参加です。最近は仕事が忙しかったようです。

まず初めは受けが両手の掌を上に向けて仕手がてを重ねます。飛び跳ねて体重をかけるのですが、高さや距離を変えてどこが一番受けやすい(耐えれる)かを確認しました。

次は片手取り四方投げで同じことをします。一番力が入りかけられにくい位置を確認します。

ここまでは受けが主体でしたが、仕手主体に変わります。

仕手も位置を変えながら一番かけやすい位置を探ります。

今度は受けの一番いい位置からずらして取らせます。ほんのすこし前後するだけで力の入りが違います。

ここでお互いがベストな位置で組合ます。当然のことながら位置がかみ合いません。仕手が噛み合う位置まで下げれば受けがベストだと思っている位置から仕手が入れるため技がかかります。受けが低い位置がベストだと仕手はかなり下がらないと入れません。RAHさんが悲鳴をあげそうです。

この入れるときに相手の肩や体の動きを覚えて初めからその位置に入れるようになるのがいいと言われましたが、眉間にシワが・・・

最終的には相手に体の動きがバレないようにかけれると受けの(負けた感」が強いです。やっぱりこれがやりたいですね。

田中先生に技をかけていただくと初めから「負けた感」が強いです。あの位置なら100%自分の位置だと思えるところで「負けた感」がすごいです。

今年も夏合宿で田中先生から御指導いただけます。皆さん貴重な体験ですので是非参加してください。

6/16稽古後稽古 副館補

今日はスキンさん夫婦が稽古に来ていただけましたので「スキンさん稽古」です。

私は夜勤明けで遅刻をしてしまいましたので稽古後稽古の日誌を投稿します。

正面打ち隅落とし

これはいつもと違う動きをしていたので結構戸惑いましたが、かけられると気持ちがいい(?)ですね。

片手取り側面入身

館長のよくやる私の好きな技です。

後ろどり

持たれてから正中線を手の方に入れて抜きます。片手後ろどりでは注意をそらす当身をしてさばいていましたが、こんなに簡単に注意を反らせるとは・・・

RAHさんが「金的狙い」で私の的をうしとむきで

小手返し

円の動き、正中線を通して上げるなど細かいところを注意していただきました。

また来ていただけるとそうです。皆さん是非、スキンさん稽古に参加してみてください。

6/10 副館補

準備体操

四股10回

転換80回

前受身一往復

後ろ受身一往復

膝行一往復

正面打ち左右20回

横面打ち左右20回

中段突き20回

ここから館長の稽古です。

正面打ち入り身投げ

入る位置は半身分、当身、手のひらの返しに注意

天地投げ

逆半身で行います。地の手の位置、天の手の軌道(小指をすらすように)

隅落とし

崩しをしておいてから手を添えて落とします。添えた手で落とすのではないので注意

座りの呼吸

Oさんから教わった丹田の位置をずらしながらRAHさんと行ったのですが、腰の動きがとても怪しい・・・

もう少しスムーズに!

今日は少しずつ分解しながら稽古を行いました。

分解して落とし込む位置や力の入らないところを探りながら行うと良く分かると思いますので白帯の方は特に力まないようにゆっくりと確認してください。

打ち込みは家でも稽古が出来るので反復練習しましょう。

稽古後稽古ではみんなで三教の復習。段々マニアックな技になっていきました。いつかあの接点だけの技がしたいですね。

5月26日八事稽古

八事でも 小さなお友だちが増えてきたので、久々に横面と突きの打ち込みの稽古をしました。

初体験だった子どもたちも、頑張っていましたね

横面からの五教
短刀が自分に刺さらないよう遠くへ遠くへ

横面からの入見投げ
五教と同じく、ドンと入る 
手と足を同時に 転換する

片手取り四方投げ裏
力を抜き、取られた手首を最後まで正中線から外れないように気をつけて

両手取り呼吸投げ
自分が入る方の腕を開く
相手から離れないように入る
斬り落とす時は、腕だけにならないよう腰から出る

子どもたちを指導するなど、お手伝いをしていただいた方々、ありがとうございました