「home」カテゴリーアーカイブ

04/20水曜日稽古日誌

レギュラー稽古は、突技です。

仕手の誘いと受けの突き。

威力のある、突きを出さないと、かわす必要が無いので、しっかり出しましょう。

間合、見切り。

稽古後稽古も間合。

一発で間合に入る。

接触してても間合が大事。

接触時、ゼロポイントからの、公差範囲内つまりヌルヌルゾーンでの処理。

アルキメデスが地球をテコで持ち上げる?イメージ?

 

3月20日(日) 八事稽古

稽古開始時にメンバーを見て、ちょっと考えていたことを変更。

やりたかった後ろ取り技をやりました。

まずは基本の形で後ろ取りをやり、三教と四方投げ。

その後、流れを活かす形で三教と四方投げ。

私自身、最初は悩んだので「???」と思う人も多いかなと、

何度も同じことをしつこく言ってみました…

個人的には、体の大きい人にがっちり後ろ取りなんてされたら

無理と思うのですが、形は大事。

どちらもしっかり稽古していきたいと思います。

 

稽古後稽古は、復帰した副館長代理補佐さんを交えてかかり稽古。

楽しくてたまらない稽古が出来ました。

つまらないことを話して大笑いするのも楽しいし、

話しあって悩んでいくことも大事、

でもやっぱり稽古する時間は一番いいですね。

少しずつ戻っていけたらいいなと思います。

 

 

 

3月7日金城学院大学稽古

今日は朝から金城学院大学の稽古でした。

春休みで、なかなか部員が集まりにくいのですが、今日は特に少なく3名でした。

こういうのを「少数精鋭」「一騎当千」と言うと私の大学では教わりました。

こういう時の私の考えは「折角今日参加しているんだから、『参加して得した♪』と思える稽古をしよう」となります。

普段人数が多い時にはなかなかできない武器をこの人数なら教えることができるので、ほんのさわりではありますが、杖と剣について少し稽古しました。

三人の反応は楽しそうだったので、よかったと思います。
次の稽古は沢山参加してくれると嬉しいな。

 

3月6日昇級昇段審査

今日は昇級昇段審査を行いました。まず最初に感動したのは、本当に久しぶりに館長・副館長が勢ぞろいしたことです。

コロナ前はこれが普通だったことを考えると、本当に感慨深いです。
早くまた、これが日常になる日が戻ってきてほしいですね。

今回の審査は初心者がとても多く、その保護者も沢山見学に来てくれました。感染防止対策のため、常時窓を開放して、席も空けてと色々制約が多い中で見学していただいた保護者の皆さんにも感謝です。

今回の審査は特に低学年の子ども達の頑張りがすごくて感動しました。RAHさんなど、もう孫を見る目ような目でしたね(笑)。

審査なので厳しい講評もしましたが、これからも皆で精進していきましょう。私も頑張って稽古せねば。

 

3月5日東郷稽古日誌

明日が審査なので、今日は東郷総合体育館と豊明福祉体育館に分かれての稽古となりました。

東郷は前半が東京から参加してくれたH君の担当で、後半は私の担当でした。参加者が10名未満で、しかも殆ど茶帯以上のため、いつもと違ってみっちりと稽古をすることができます。

前半は一教、二教、三教、五教の基本技をH君が。普段であれば、前半の担当の技を避けて稽古をするのですが、今日は好きなようにやれるメンバーなので、一切気にせずに後半の私の稽古はひたすら一教

稽古内容は、受けが主体となる一教と、同じ型を繰り返し反復する稽古、初級者に教えるための稽古法を中心に地味〜〜〜〜な稽古を行いました。とても満足しています。久しぶりの私のマニアックな稽古を堪能していただけたでしょうか。

12月11日(土)東郷稽古日誌

今年も残すところあと1か月となりました。新型コロナウイルスが少し沈静化して、体育館の人数制限も少しだけ緩和されました。

このところ前後半に分けて、子ども達の稽古時間が短かったので、今日は学年が上の子ども達は前後半の両方に参加できるようにしました。

前半は少し遅れて参加したのもあり、先に稽古を始めてくれていました。引き継いだ時点で、正面打入身投→横面打入身投と稽古したところだったので、「ここで流れを変えてはいけない」

という強い責任感をもって、諸手取入身投、片手取入身投、交差取入身投を稽古しました。皆さん満足そうでよかったです。

後半は、ゆっくりと二教、三教と身体の使い方の稽古をしました。

個人的にはいい稽古ができたと思っています。

11月28日尚道館稽古

先週の江戸川橋に続いて、今週は大阪の尚道館に稽古に行きました。

尚道館は昨年のコロナ禍の中発足した道場なので、まだ仲間はそれほど多くありません。ようやく落ち着いてきたこともあるので、これからどんどん活発になることを心から願っています。

コロナ禍で稽古スタイルを少し変えて、前半に基本の技を稽古し、後半はもう少し掘り下げてゆっくりと稽古をするようにしています。

もともとは人数の多い名古屋で、体育館の人数制限のために始めたスタイルなのですが、これが以外によいことに気が付きました。

この日はちょっとしたハプニングがあって全部ゆっくりスタイルにせざるを得なかったのですが、どうしても身体を動かした満足感を得られないと折角の休みの日に稽古に来たのに、と思ってしまうこともあります。そういう点でも前半に身体をガンガン動かす稽古をやって、後半は希望者にあわせて、時間をかけた稽古をするというスタイルを暫く続けて行こうと思います。

次回の尚道館は1月の予定です。このままコロナ禍が落ち着いていたら、沢山の人が参加してくれることを期待しています。

11月21日江戸川橋稽古日誌

コロナも一旦落ち着いてきたこともあり、先月に引き続き修武館へ稽古を行いに行きました。

今回も沢山の方が参加してくれてとても楽しかったです。修武館のメンバーのみならず、沢山の大学生や、いつもオンライン稽古に参加して下さる方々も参加してくれました。

今回のテーマは私の「師の技」。昨年亡くなった師がよくやっていらっしゃった技をメインに稽古しました。合気道としては、最近のスタイルと比べて2〜3世代位前、というか本当に古いスタイルの合気道なのですが、それをきちんと稽古して継承していくことは、古きを温め新しきを知ることとして非常に有意義であると考えています。

私自身がまだまだ未熟ですが、できる限り師から教わったことを大切にして稽古を続けたいと思っていますし、また若い人達にも微力ながらそれを伝えていきたいと考えています。

実際に稽古をやってみて、若い人達の「こんなのあったんだ」という反応も楽しかったです。とはいえ、短時間に全部こなすことは到底できない量なので、また次回以降の稽古でも少しづつやっていきたいと思います。

4/25(日)八事稽古日誌 BY RAH

久しぶりに稽古日誌を、、、

花粉も少しおさまってきて、換気をしながらの稽古がとても心地よい季節になってきました。気が滅入るのは新型コロナウイルスの状況。変異種も増えてきて予断を許さない状況が続いています。

感染対策に留意しながら稽古行っていますが、これからのマスクは息苦しくっていやになります。そんな時は休憩を取りながら無理のない様に、、、

今日は「間合い」と「誘い」と「相手の見方」について意識をしながら稽古を行いました。

間合い、、、無防備に近い間合いから始めるのではなく、十分に間合いを取ってから始める

誘い、、、仕手が誘いをかけて技につなげていく

相手の見方、、、技を局部的に見てしまうと手先だけにとらわれてしまったりするので、局部ではなく、相手の全体を見てどう動いているのか、それに対してどう動けばよいのかを判断

まあ、熱くなってくると、どうしても自分本位になってしまい、引っ張ったり押し倒したり、力ずくになってしまいがちです。(私もそうです!)常に冷静に全体が見渡せて、相手の動きに合わせてそれ以上に動き回って良い位置をキープ、相手の動きを察知しながらバランスを崩して技につなげる!これが普通に出来るとかっこいい!

いつになったらできる事やら、、、

コロナで気が滅入りがちですが、ポジティブ思考で頑張りましょう!

オンライン稽古について

この1年近く、通常稽古に参加できない人向けにオンライン稽古を配信してきました。特に夏以降は週3回のオンライン稽古を行ってきました。お蔭で、稽古を配信する方のスキルもそれなりに上昇したと考えております。

対人稽古を基本とする合気道でオンライン稽古は、稽古ができない期間の「繋ぎ」と当初は考えていましたが、オンラインならではのメリットもあることが分かってきました。

関係道場のすべての稽古が再開された後は、これまでとは違った形でオンライン稽古を行います。現在その旨の説明をオンライン稽古中に行っております。興味のある人は一度オンライン稽古に顔を出してください。

 

通常稽古への移行

館長です。

ようやく3回目の緊急事態宣言も解除されました。昨年は今後の動向がどうなるか全く五里霧中の中での1年でしたが、今年は昨年の経験も踏まえて、4月以降に現在の稽古体制を変更しようと考えています。

恐らく完全に以前通りに戻すことはできないと思いますが、今まで以上に感染対策意識をもって、できるだけ稽古を通して心身の健康を培いましょう。

更新再開

新型コロナウイルスが国内で問題になってから約1年。現在もまだ終息したわけではなく、多くの人がさまざまな恐怖や重圧と戦いながら生活をしています。

これまではそういう社会状況も踏まえてホームページの更新は控えめにしてきましたが、丸1年が経過して「どうすればコロナを克服できるか」は分からなくても、「コロナが存在する世界でどうやって生きていくか」の知恵は少しづつついてきたのではないかと思っています。

道場のホームページも1年という生活スパンの経過を区切りとして、再び従前のように更新して行こうと思っています。

1/18〜1/24のオンライン稽古

水曜日のオンライン稽古はリクエストに応えて非力の稽古を行いました。非力について考え方は色々ありますが、その中でオンラインで分かりやすい力の出し方、を稽古しました。

土曜日のオンライン稽古もリクエストに応えて諸手取りの体転換について稽古しました。体転換は通常は相手と組んで稽古するため、受けの影響を受けやすい型稽古です。一人稽古をする際には受けがいることで生じる制約を考えずに稽古することができる利点はあります。きれいな型で普段は意識しないところを意識して稽古してみて下さい。

日曜日のオンライン稽古は座りの呼吸法を稽古しました。今回は半分解説で普段なかなか説明をされることのない呼吸法について、私が考えていることや気づいていることを前半に解説し、後半はそのうち一人で稽古しやすい方の稽古を仕方を行ってみました。

オンライン稽古は参加者に合わせて稽古を変化させています。人数が少ない日は私とマンツーマンになれるかもしれません。チャンスかもしれませんよ(笑)

 

 

1/11〜1/17のオンライン稽古

今週のオンライン稽古では
オンラインならではの稽古方式として、足元をクローズアップしての稽古を行いました。普段の見取りでは、距離的なものもあり、またどうしても指導者の上半身に目がいってしまいます。

そこで、今週はカメラを下に向け、どんなに目を凝らしても足元しか見ることができないようにして稽古を行いました。もしかすると普段と違う視点で少し目が回った人もいるかもしれませんが、じっくりと解説を聞きながら普段と違う視点で稽古をすることができたのではないでしょうか。

また、日曜日のオンライン稽古では横面打ちの捌きを稽古しました。こちらは実際に参加者に画面の前で動作をしてもらいしっかり見てあげようと思いました。来週はどんな稽古をしようかな。

7月12日(日) 八事稽古


八事稽古も今回から時間帯を元に戻しての体制になりました。
土曜の稽古は接触にも気を遣いますが、八事稽古では熱中症の方にも注意して稽古していきましょう。
体力的にも無理は禁物です。

時間も長めに取れるので準備運動から。
・打ち込み
・2人組での転換
今日は四方投げをやりたかったので、
・片手持ち四方投げ 勝ちパターン
・片手持ち四方投げ 流すパターン
・後ろ持ち四方投げ 裏系
全員とは出来ませんでした。
すみません(>_<)

今後も手洗いや消毒、熱中症など、体調にも充分気をつけて稽古していきましょう。

6/20 東郷稽古日誌

まだまだ今週も非接触の稽古です。

人数制限もされているので、稽古に工夫が必要です。とは言え、転換や受身だけではだんだん物足りなくなるのも人情。

そこで、今日は自分を相手にして取りと受けの稽古をしました。本当の意味での「型稽古」です。相手がいる場合はそんなに意識をしなくてもできる動作も、相手なしで一人で行うとどうしても雑になってしまいます。

例えば正面打入身投でも、相手がいると思った通りに崩れてくれなかったり、自分も体制を崩してしまったりしますが、相手がいなければどんなに雑に型を行っても失敗しません。

でもそれでは稽古にならないので、今日は相手がいることをしっかりとイメージして自分の身体の動かし方を意識して稽古しました。今日のテーマは相手がいるつもりで、ゆっくり丁寧に動いて技をかける(受ける)練習をする、です。

こういう稽古をすると、ただ型を繰り返している人と、集中して汗だくになっている人に差ができます。面白いです。

6月13日東郷稽古

本日より東郷での稽古再開です。

稽古はもちろん非接触で。全体を2部に分けて稽古しました。最初の組は体の転換、受け身をいつも通りの量行ったあと、方手取転換からの隅落の型をみんなで稽古。もちろん二人で組んでの稽古がベストなのですが、それができないなら、むしろいつも漫然と身体を動かしているところまで、徹底的に意識して手を取られたイメージをしっかり思い描きながら稽古すれば、組んでの稽古が再開したときに大きな糧になるはず。最後は全員で切り割りを行って1時間の稽古終了。個人的にはマスク😷+フェイスシールド🛡️は地獄でした((T_T))

後半の部はストレッチから始まり、前回り受け身を徹底的に。途中でバテている人がいましたが、もう受身を自粛する必要はないので、気にしないで下さい。そのあと、両手取天地投の型稽古を皆で。各自で型をやるといっても、何十回も丁寧に繰り返すと相当よい稽古になります。こちらの組は受けのイメージも稽古しました。組稽古再開時に自分のイメージがどれくらい正しいか確認して下さい。最後はこちらも剣。こちらは別れての稽古としました。

初回にしてはまあまあよい稽古ができたのかな?

6月の稽古時間について

6月は活動再開に伴い、稽古場所と時間が変則的になります。以下に掲示しますので、十分に確認の上参加して下さい。

水曜日
 19時~ 東真会緑本部(地下鉄相生山徒歩5分)

土曜日
 6日 15時~ 八事道場
 13日 9時~ 東郷町総合体育館(!!変更の可能性有)
 20日 9時~  東郷町総合体育館
 27日 9時~ 東郷町総合体育館

日曜日
 第一部  9時~ 八事道場
 第二部 11時~ 八事道場

各自感染対策に十分に注意して稽古に参加してください。

5月17日八事稽古

今日までは自主稽古です。ゆっくりめに道場につくと剣を稽古している組が一組。二人組で体術を研究している組が一組。あとはみんなで固まって稽古していました。

責任者に挨拶にいくと稽古をバトンタッチされたので、希望者で体術の稽古をしました。天地投げ片手取呼吸投、小手返・・・

時間は今回も短めですが結構身体を動かすことができました。

プレ稽古再開で感じたのは皆さんの身体がすっかり動かなくなったこと。あとはすっかり季節が暑くなったこと。

来週からの稽古はしっかりと感染対策と熱中症対策を行った上で、怪我がないように徐々に身体をならすようにしてください。