最初はどんな稽古をするの?

名古屋至誠館のモットーは厳しい稽古ですが、無理はさせません。
そもそも厳しい稽古をする理由は「うまくなるため」なのですから、最初からできない人に無理をさせて怪我をさせたり合気道が嫌になるようなことはしません。

入門して最初にすることは、合気道の基本的な体の動かし方(姿勢・転換など)を練習します。これらの動きは合気道のすべての技の基礎なので、上達してもずっと続ける必要がある稽古なのですが、最初はなれない動きのためとても疲れます。
疲れたら休んで、を繰り返して稽古に参加してもらえればOKです。
合気道は柔術なので、見ていることでも稽古になります。体力的に不安を感じたら、休みながら稽古に慣れていって下さい。

合気道に必要な身体づくりと技を交互に繰り返すことが上達への早道だと考えて稽古してもらいます。

名古屋市緑区と東郷町、東京都文京区の合気道道場