6月26日稽古日誌

今日は技の入りを稽古しました。
どんな技でも初動の部分(起こりの部分)が最も大事だと思うので、徹底して稽古してみました。

でも、とっても地味。

というよりは子どもにはつまらなかったのではないかと思いました。
特に今日は期末試験がらみで茶帯の子どもたちがほとんどいなかったので、こんなマニアックな稽古はすぐ「だれる」だろうと思っていました。
が、予想外に子どもたちがまじめ。
もしかするとここまでのマニアックな稽古で、地味な稽古に免疫ができたのか?
ならばしめしめ、といったところですす。

時間も短いのでなかなか一つ一つの技をしっかりやることはできませんでんしたが、自分のできなかったところをしっかり意識して稽古に生かしてもらえればと思います。

そろそろ次の課題もこなしていかなければいけないので、
土曜日は副館長代理さんに稽古をお願いしようかな(丸投げ)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください