11月3日(祝)演武会 大人編

続いて大人の演武について。

まずは高校生4人の演武について。何よりもばねがあって羨ましい。合気道の技や技術についての考えかたはもちろんあるのですが、個人的な意見として学生や若い人は自分の身体の潜在能力を十分に使って普段の稽古や演武をすればよいと思います。
私自身もすでに50の声が聞こえてきているので、昔ほど身体は自由に動かなくなりました。
若いうちにしっかりと自分の身体を使っておくことで、身体の可能性や自分の限界を理解しておくことは、ずっと稽古を続ける上でも大切だと思います。
もちろん、技もそれぞれの個性を出してしっかりとした演武をしていました。せっかくのばねと体力を活かして、もっとダイナミックな技にチャレンジしてもよいかもしれません。

今回は大人の演武は有段者のみでした。うちのように大人と子どもが一緒にやっている道場では、大人の有段者は子どもを意識して演武をしていると思います。しっかりとした構成の演武をやってくれるのですが、今も述べた通り「自分がやりたいこと」だけをやるわけでなく、「こういう演武を見せよう」という気持ちを持ってやってくれるので当然上手くいかないこともあります。
それでもみなさん頑張ってチャレンジして(当然のように)上手くできなかった点について反省して、さらに次回の課題として再チャレンジしよう! と反省会で盛り上がっていたことは本当にありがたいことです。

なかでもEさんはさすがに上手い! 上手いという表現は失礼ですね。当たり前に素晴らしかったです。自在に放り投げられているRAHさんが楽しそうでした。
Mightyさんのあんなことや、日拳T君のやはらかい技や、RAHさんの技の流れで微妙に構えが入る演武や、神域とも言えるしずかちゃんの組太刀返籠手のうち落としや、Noriさんの・・ 是非ビデオでじっくり見てください。

また、本当に演武直前にいきなり受けを指名されたT君と卓球小僧君、お疲れ様でした。やはらかく投げたつもりです。
私自身も今回から始めたことがあります。自分としては大反省しきりの演武でしたが、まだまだ懲りずにチャレンジします。10年後に毎年の記録をみんなで見ましょう!

「11月3日(祝)演武会 大人編」への2件のフィードバック

  1. Eさんの受けは荷が重すぎです。。。
    何が来るかわからない状況での受けは、
    ”とても楽しい”
    でも、受けが硬いので、その分ダメージが大きい。
    お陰で、首が筋肉痛になってま~す。

    自分の演武の出来はさておき^^
    緊張感のある場面はとても楽しい。
    今回都合で参加できなかった方のためにも、
    また出来るといいですね!

  2. お褒めの言葉恐縮です。
    実際の処は、反省だらけの演武で恥ずかしい限りです。
    型はいつか外すものという某師範の言葉が、常に頭にあります。
    遊戯自在という境地にいつか達したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です