11月12日(土) 稽古日誌

今日は私の稽古でした。
私の師が合気道を始められたのは70年以上前。
それ故、最近では滅多に見ることがない技もこれまで色々と習ってきました。
中には合気道とは異なるものもありますが。

たまに虫干し、ではないですがそういう技を確認しないと、私自身も忘れてしまうし伝えることもできません。
ということで今日と来週はそういう技を中心に稽古しようと思っています。

ただ、最初は基本の転換の稽古。
その後、
正面打ちの懐に飛び込み切り落としに合わせてそのまま呼吸投げ。
中段突きを誘って、肩に当身を合わせて倒す技。
相手が胸を持ってくるのに合わせて当身を入れ、反動で投げる技。
この二つは鹿島の体術だったかも。
同じく胸取を捌いて袖を掴み、反対の手で襟足を掴んで投げる技。

後はひさしぶりに1分間稽古を行いました。
みなさん丁寧に技をかけてくれていてよかったです。
この稽古も「あ、あれがあった」「なんでうまくいかないんだろう」「今度はどんな技をかけられるだろう」
など、約束稽古ではなかなか磨かれない部分も磨かれるのではないかと思います。
たま~にやるのはよいでしょ?

「11月12日(土) 稽古日誌」への1件のフィードバック

  1. たま~に稽古にきて、日ごろあまりやらない技や、たま~にやる1分間稽古に当たったのはLuckyでした(^^)
    1分間稽古は途中から「次は何をしよう?」と余裕がなくなり、つい「今」の技が雑になってしまいました。受けの時も足がふらついてきて、まだまだです・・・が、やっぱり楽しい!!!
    また来週から年末までイベント続きでなかなか稽古に出られないので、悶々としそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください