8月31日(土) 

今日の稽古は横面シリーズで何だか気持ちよかったです。(?)

最初はいつものように準備運動四股転換だったのですが、
人数がとっても多くなってきたので、
順に号令をかけていると転換の数はどんどん増えます。
「2周ね!」と言われて
「はーい」と答える子ども達の、
何人がちゃんと数を把握しつつ文句を言わないのか、
それともみんなだまされているのか(笑)

個人的には転換の時はかなりのめりこんでやらせてもらっているので
ありがたいのですが(^_^;)

今更ながらの発見が、今日は一つありました!
横面打ちからの肘極め投げと呼吸投げの違い。
これまできっと言われていたにもかかわらず、
ちゃんとピンときていなかったのです(-_-;)
思い込み(刷り込み?)は怖い・・・

稽古する時、
技の中で、動線を意識したいと思っていますが
自分がかける中でうまく動線を描くことも難しいのに、
受ける中で意識していくことはもっと難しい(>_<) 色んなことを常に意識していくこと、 感覚もしかり、動線もしかり、 なんて合気道って疲れるんだ・・・(笑) でも、今日の稽古を終えて今一番痛いのは、 稽古後稽古でやったミット打ちとキックの時に ミットを持って構えた右の二の腕と、 クロスして右手を支えた左手首です( ̄▽ ̄;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください