忘年会を終えて

22日に名古屋至誠館の初めての忘年会を行いました。
大人と子どもあわせて45人が参加してくれてとても盛大な会となりました。

今年の初めに11人で新年会を行ってから1年。
あっという間の1年間でした。
ここまで、一緒に稽古してきてくれた仲間と、道場を支えてくださったみなさんに対して感謝の気持ちでいっぱいの一年間です。

道場立ち上げから今まで変わらない私の方針は
・何よりも合気道がうまくなること
です。合気道の道場である以上やはり合気道が上達することが何より大切だと思います。
そして合気道が上達することが稽古の楽しさに繋がると考えています。

稽古の中には初心者や子どもには負荷が大きいものもありますが、「できることをやる」のではなく「できるようになるためにやる」ことをモットーに稽古してきた1年でした。名古屋至誠館の子ども達はどんなきつい稽古も楽しくやり遂げてくれる子どもたちに成長してくれました。成長というと語弊があって、もともとそういう強さをもっていた子もいるでしょうが、それでも稽古を通して格段の進歩を遂げてくれた子どもたちに敬意を払いたいと思います。

また、これはもともと考えていたことではありませんが、この1年で実に多くの道場外の方々との交流ができるようになりました。
県下の他の道場の方々、K大のOB、T大のOBと現役、たくさんの方が名古屋至誠館を訪れてくれました。
その結果として、非常にオープンな道場となりました。
いつも書くことですが、さまざまな人々と稽古することは合気道の幅を広げるのにとても役に立ちます。
そいう意味でも、本当に素敵な道場に育ってきていると思います。

一方で、急成長してきた反動もところどころ見られます。これは大人の人にとってですが、合気道は一生続けて楽しいものだと思います。少しでも長く続けて、少しでも上達するために「無理せず続ける」ようにしてください。

来年も今年以上にしっかり稽古して楽しい1年間にしましょう!
といってもまだ稽古修めが残っていますが(笑)。

「忘年会を終えて」への1件のフィードバック

  1. 私にとって、嫌な年末~年明けとなります。
    (また歳をとるから、、、(+_+))
    新しい環境の中で稽古をさせていただき、有難うございました。
    少しでも長く、そして楽しく、上達できるよう、
    年が明けたら再度気持ちを一新して、頑張ろうと思います。

    稽古修めの明日は仕事のため欠席します。
    色々有難うございました。
    そして皆さんにとって来年が良い年でありますように、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください