歳をとっても

今日稽古に参加して下さった方と話をしたことをこちらにも。

私は柔術の魅力は「歳をとっても続けられること」だと思います。
もちろん、年齢を重ねてもピークを維持し続けるのはとても大変なことだとは思います。

しかし、「技術」によってそれをかなりのレベルで維持できるのが柔術ではないかと思っています。
今武道が好きで一生懸命稽古している、どうせならそれをずっと続けていきたい。

とはいっても柔術なら全部OKかというとそうでもないと思っています。
柔術をやっていても、特に初心者は力任せの技や、勢いに任せた技に走ってしまう人もいます。
そういう人はやはり年齢とともにしんどくなっていくと思います。
さもなければ、惰性に陥って「やれているようなつもり」になって満足してしまう(でも、そうなったらそれはある意味満足できて幸せかもしれませんが)。

私自身はそれがいやなので、無駄をどんどん削ぎ落とし技術の芯だけを残すような、そんな意識を持ちながら稽古をやっていきたいなぁと思います。
もちろんそれぞれの人にそれぞれの目的があるので、それぞれ自分にあった稽古ができればいいと思っています。
名古屋至誠館は(多分)上に述べたような方向性で稽古しているんじゃないかな、と思っています。

やっぱり、いつまでも好きな武道を続けるために「柔術」らしい「柔術」をやらなければ!
いかがです?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください