技の稽古と受けの稽古2

では気持ちよく投げてもらうためには何が大切か?

そのために必要なのは
きちんと受けが取れること
だと思います。
相手を投げる際に怪我をさせることは絶対にNGですから、受けを取れない相手に対してはしっかりとした技をかけることはできません。

単に受けが上手く取れない場合以外に、ともかく投げられないようにする受けも気持ちよく投げてもらうことはできません。
もちろん、稽古によってはそういう相手をどうやって投げるかを目的にする場合もあります。
しかし、上達するためには、きちんと投げてもらわなければ投げる感覚が身に付きません。
これも私見ですが、きちんとかかっていることを実感するために、なんでも受ければいいわけではないと思うのですが、折角きれいな形で技をかけてもらっているのに変に抵抗するのはかえって上達を妨げると思います。

話が逸れてしまいましたが、技が上達するためには気持ちよく投げてもらうことが大切で、そのためには何よりも受けが上達することが大切だと思います。

技が上達するために受けを上達させる、というのは迂遠のように思えますが、多分これが一番正攻法で近道だと思います。
わが道場のみなさん、しっかりと受けの稽古をしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です