関節と筋肉の使い方01

合気道だけではないと思いますが、柔術ではかなり特徴的な筋肉と関節の使い方をします。

筋肉全体を一つにして動かしたり、一部分だけを緊張させ残りを弛緩させたり、表層部分と骨の近くの動きを変えてみたり。
普段使う使い方とは全く別の身体(筋肉)の使い方をすることが柔術の特徴かと思います。
かなり内面的であり、理論的な稽古で、また「地味」でもあります。
どれも難しいのですが、研究し稽古することはとても面白いです。
私自身はこうした「筋肉の動き」を意識する稽古がとても好きです。

普段の稽古ではなかなかできませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください