四股の踏み方

さて、この投稿が水曜日の午前2時になされていることに気を付けてください。

わが道場では、やべっちの洗礼依頼「四股はすばらしいもの」という都市伝説が生まれ、常日頃から四股を踏んでいます。
四股は踏み方によって、鍛えられる部位が異なります。
もちろん四股の踏み方によっては、非常に効果的な筋トレになることもありますが、やはり四股の目指すところは
呼吸と力の出し方の一致
にあると思っています。

そのため、四股を踏む際に注意することは、まず第一に腹に呼吸を落とすことです。
そのためには、上に上がった時に息を吸い、腹式呼吸をしながらゆっくりを腰を落とします。
この際、足を強く踏み込む必要はありません。
深い呼吸に合わせながら、ゆっくりと膝のばねを使って腰を落としていくのが大切です。

次に状態をしっかりと起こしていることが大切です。
状態が前掲していると、腹が圧迫されて、呼吸の通り道を意識することができません。
当然、呼吸と力の一致を感じることもできません。

さらに、呼吸を吐ききった瞬間と腰を落とした位置の関係も大切です。
腰を落としている位置と呼吸を吐ききったタイミングの関係は両者の連関にもっとも重要なことだと思います。

また、直接四股とは関係していないかもしれませんんが、呼吸の仕方は四股の基本であり、非常に重要です。
丹田呼吸の基本ができることが四股を踏むにあたってもとても重要だと思います。

「四股の踏み方」への2件のフィードバック

  1. AM2:00の投稿にしては、文章に「乱れ」がない、、、
    さすが達人!!(何の???)
    無礼者さんだと、「〇&△%×$◇!#、、、」となっているのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です