子どもの稽古方針

名古屋至誠館ができてはや1年半。
開設当初は8人だった子どもが現在では幼稚園から高校生まで21名。
とても賑やかになりました。

子ども達はとても熱心に稽古しています。
やはりたくさんの同世代の存在は、互いに刺激になり向上心に繋がっているのだと思います。
よく「環境が人を育てる」と言いますが、本当にその通りだと思います。
素晴らしい子ども達と理解のある保護者のみなさんに深く感謝するとともに、これからも素敵な子ども達と縁ができて一緒に稽古できることを心から願っています。

さて、名古屋至誠館の子どもの稽古方針は道場開設以来、変わっていません。
 ・子どもをばかにしない
 ・子どもの能力に勝手に限界を設けない
 ・子どもの能力の高さを信じる
 ・それゆえ子どもにも大人と同じものを求める
です。

こどもに手加減・妥協はしない。
だから時々つらいことがあるかもしれません。
でも、つらそうな顔をする子はいません。
仲間がたくさんいるのですから。

本気で厳しく。
そんな稽古ができる仲間を心から歓迎します。

「子どもの稽古方針」への1件のフィードバック

  1. 日拳Tさん以下の年齢は私の子ども、もしくは孫(+o+)に近いかな。
    ちょっと悔しい時もありますが、とても微笑ましい!
    皆さんこんなに一所懸命稽古を続けていくと、末恐ろしい(良い意味で)。

    オヤジの同世代も増えるといいな~ジャガーもね^^
    そういえば、極真Iさん、息子さんの具合はいかがですか?
    息子さんは見学、お父さんは稽古でもよいので、顔見せて下さいね。
    (見てくれてるかな?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です