北の都

北の都

1、北の都に秋たけて     われら二十の夢数ふ
  男女の棲む國に      二八に帰るすべもなし

2、そのすべなきを謎ならで  盃捨てゝ歎かんや
  酔へる心の吾れ若し    吾永久に緑なる

4、髪は緑の青年が      友情の園に耕ひし
  いや生き繁る友垣や    三年の春とめぐる哉

5、竪琴とりて自治の歌    声高らかに奏づれば
  三つの城辺の山彦の    今を限りに呼びかへす

6、自由の為に死するてふ   主義を愛して死するてふ
  男の意気地今も尚     石に砕きて砕き得じ

7、藻の花ひらくうつし世に  潮の流れ渦をまく
  名もなき道を行く勿れ   吾等が行手星光る

8、氷魂の如吾胸に      抱く心の解け出でゝ
  語り明かさん今宵かな   星影冴ゆる記念祭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください