8/2 副館長代理補佐

久々の稽古日誌ですが、今日も仕事で遅刻しました。

途中参加でしたので稽古内容はどなたかお願いします。m(_ _)m

【稽古後稽古】
手のひらを密着させたまま、相手を崩す稽古
先生とNoriさんの受けを見ていてもよくわからないので、先生にお願いして、技をかけてもらいました。

『ベチャッ・・・』( ̄◇ ̄;)
久々に前のめりに潰されました。!?(・_・;?
ん〜気持ちいい・・・ではなくて,気持ち悪い感覚!私の大好きな感覚です。

円を描いて、呼吸投げや自分の周りを回す?でいいのでしょうか?
技の名前がわかりません。(ーー;)

では、私なりの技の説明をm(_ _)m
(間違っていたら誰か修正して下さい。)

【円を描いて、呼吸投げ】
自分の手のひらを上に向けて差し出し、相手に上に置いてもらう。
密着した面はずらさないように、片手取り呼吸投げの要領で投げる。
これも大小の円のつなぎ?
相手の手首の可動域(小さい円)を利用して肩の可動域(大きい円)に乗せる。
そのあと、さらに大きな円弧に乗せるのですが、つなぎ目?を何と説明をすればいいのでしょうか?
円弧の接点?入射角が一番鈍角になる点?
全ての円弧の軌道を通る時に接地面の一点が通るのではなく、接地面が舐めるように、全ての接地面が円弧上を通るようにする。
接地面は最初から最後まで引っ掛けるのではなく、摩擦の抵抗のを感じて力を入れないように注意する。

【自分の周りを回す】
これは説明できません。(ーー;)
Noriさんお願いします。

【両手取り呼吸投げ】
これは手首の外側をセンサーにしての呼吸投げ
これがかなり難しい。( ̄O ̄;)

すいません。m(_ _)m
うまく説明出来ませんでしたが、わかってもらえたでしょうか?

どなたか補足をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください