7/3副館長代理補佐

昼間は先生とNorikoさんと三人で個人稽古でした。

手の位置と正中線を注意しながらの稽古。

自分の正中線上で力まずに落とすのはすごく難しいです。

動きは下に落とすだけなのだが、これが簡単に出来ない。
動きが少ない分、力みやズレが凄く影響してくる。
手の位置を固定しようと思うと、肩と腰に力みが入り、落とすことに意識しすぎると手や腰がズレて引っ張ってしまう。

次に四方投げの表。
これも手の位置と正中線、後は腰から動くようにしました。
先生の指摘通り入って行くのは凄く難しいです。
四方投げの表で良い例と悪い例を比べて見て
「初心者がクルリと回ってしまう四方投げ・・・」
体験された方も多いと思いますが悪い例です。気をつけましょう。
そういえば以前、丸儲けさんも言っていたと思います。

頭と感覚をフル回転させての稽古で疲れましたが、久しぶりにスッキリとした稽古ができました。
先生と私では感覚の違いが凄くあるのでしょうね。
少しでもいいから早くその感覚を感じてみたいです。

夜の稽古は反省点が多すぎて、書き切れません。
人に説明するのはとても難しいです。

もっと勉強します。m(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください