7月24日稽古日誌

今日の稽古のテーマは「形」
しばらくこのテーマで稽古しようかな、と思っています。
白帯の人たち(といっても5人もいるので多いのですが)には身体づくりを徹底的にやってほしいのですが、そろそろ技の形も覚えてもらわなければ、ということで技の形を覚えることをテーマとして稽古しました。

少し多めに技をこなしながら、基本となる動きを反復練習することをコンセプトに、できるだけ初動が同じか関連付けられた技を組み合わせました。
一本ずつの技の時間を短くすると、なかなか覚えられません。
だから、身体による反復だけでなく理屈でもなんとなく覚えておけるように、と考えて稽古したのですがどうだったでしょうか。

このところ、子ども達も自主稽古がとてもしっかりしている気がします。
それぞれが「自分のやらなければならないこと」と「自分のやりたいこと」をしっかりと持ちながら稽古してくれます。
中には一つのことを徹底的にやり続ける子どももいます。
個人的にはそんなマニアックな稽古をする子どもの将来に「ニヤリ」です。

で、今日は技もたくさんやったし、技を列挙しやすいので、さくっと稽古日誌を書こうかなと思ったら、先を越されました。
よこしまな気持ちはいけませんね。反省。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください