5月18日稽古日誌

もともと少人数だったこともあるのですが、5月から新しく入った人たちによって毎回の稽古人数が1.5倍くらいになりました。
ここ2・3回の稽古を見ていて感じたことですが、
・すっかり雰囲気が変わったな
と思いました。
人数が増えたことよりも、新しい人たちによってこれまでの「見慣れた」顔同士の稽古ではなくなりました。
とても新鮮なことだと思います。
平たい言い方をすれば「何か新しい道場みたい」な感じです。
せっかくそんなフレッシュな状況になったのですから、その新鮮さや緊張感を大切にしたいですね。
「温故知新」ではありますが、「断捨離」という言葉もあります。
判断は難しいですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください