4月24日稽古日誌

今日の稽古は前半はいつも通り基礎の身体つくりを行って、後半は関節技を稽古しました。
「関節技はシステム」が私の持論です。
関節技はきちんと稽古すれば必ず上達すると信じています。
また、子どもの膂力でもしっかりとしたシステムにのっとって技をかければ十分大人にもかけられると考えます。
ただ、関節技のシステムは非常に複合的で複雑なので、なかなかコツを身につけることが難しいと思います。
うまくかかった時の感覚を大切にして、目標を定めた稽古をすることが大切だと思います。
今日の稽古で、少しでも「感覚」が感じ取ってもらえれば、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください