3月22日(土)午後の稽古日誌

今日は一日稽古。
昼食をとってからは剣術の稽古。
せっかく剣の指導をできる人がたくさん参加してくれているので、全員で剣を。
この日のために剣も十分な数しました。

一番多い初心者組は剣の振り方を練習。
担当はスキンさん。
あれだけたくさんの初心者をきちんと教えてくれました。ありがとう。
剣は日常生活でまったく使わない道具です。
まずは手になじむまで何万回でも振ることが大切だと思います。
自分で剣の稽古するときもできるだけたくさん振るようにしてください。
最低数百回は振る必要があると思います。

少しできる人たちは基本太刀をこばっちが指導。
ここは丸投げ。
何よりも組太刀の基本はこれ。
浮船は大変ですが、しっかりと反復稽古して下さい。

基本太刀ができる人は裏太刀をNaoさんが。
一本目から十本目までしっかりと教えてもらっていました。
裏太刀は本数が多いので、しっかり形を覚えるようにしてください。
復習しておいてね。杖剣士。

最上級はDrアーキーで
相心太刀と実戦太刀
この組みはNoriさんと副館長代理補佐さん。
実戦太刀までやるとは予想していなかったでしょうが、忘れないうちに復習をしておいてください。
もうこれで、必要な件は全部やりましたね。ニヤリ。

これまでの私の課題だった剣の稽古も少しずつできるようになってきました。
剣の稽古は合気道の通常の稽古時間外に行うのが基本になるので、できるだけたくさんの人が個々に稽古できることが大切です。
みんなで頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください