11月22日(土)稽古日誌

今日は大人3名、子ども12名とすご~く少なかったです。

よし、それなら徹底的に稽古をしよう、ということで今日の稽古は四方投げ。
最初は基本の基本として、片手取りからの四方投げ。
運足をきちんと理解してもらうために、1、2、3、に分解して説明。
何より基本の形が大切です。

でこれを三回相手を変えて稽古。
相手によってやりやすい人、やりにくい人がいるようで、結構苦労していた子どももいるようです。
その後、せっかく人数が少ないので、一人一人前で私を受けに投げてみて、注意するべきところができているかどうかみんなで確認。
みんなの前で技をやるのは緊張します。そうすると、注意すべきところを忘れてしまったりする子もいて、日頃の稽古の意識の大切さを再認識します。

ここで四方投げ表の基本の稽古終わり。

続いて、交差取り四方投げ、両手取四方投げ、正面打ち四方投げ、半身半立ち四方投げ、をやりました。
みんな少しは四方投げが上達できたらいいですね。
せっかくたくさんやったので、しばらくは四方投げにはこだわって稽古してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください