東大の合宿 by smile

私は先日、東大の合気道部の合宿に参加させていただきました。

まず初めの稽古は午後の稽古でした。
田中先生の稽古で、諸手取りの技を中心にやりました。
初めに、確か呼吸投げをしました。その他、一教、二教、三教、四教などをやったと思います。

次の稽古は夜の稽古で、ご飯を食べてすぐだったので少しきつかったです笑
自由稽古式だったので、いろんな方について好きな技をやることができました。

次の日の朝の稽古は、眠かったです。
5時半起きなので、少しつらかったし、床が冷たくて足が痛くなりました。
稽古の内容としては、剣術でした。私は剣がかなり苦手なのですが、親切に教えていただき、とてもわかりやすかったです。

午前の稽古は、確か横面打ち、午後は後ろ持ちをテーマに稽古をしました。

私が特に楽しかったのは、OBの方に教えていただいた、諸手持ちの入り身投げです。
この技は、相手に持たれる前に反対の手できって、入り身投げをするのですが、そうではなくて誘って相手がその手を追いかけるのを利用して崩して技をかける、ということを教わりました。そのことがとても新鮮で、また背の低い私でも技がかけやすく、とても楽しかったです。
他にも、自由稽古のときに関節技のひねりについてなど、様々なことを教えていただきましたが、書ききれないので合宿の流れと心に残っていることだけ書かせていただきました。

2日間だけでしたが、田中先生、東大の方々、OBの方々、親切に教えていただき、とてもよい経験になりました。ありがとうございました。およそ10時間に渡る稽古で、とっても疲れましたが、それ以上に楽しかったです。宿泊所でも、親切にしていただき、ありがとうございました。本当にお世話になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です