7月2日稽古日誌

土曜日の稽古はお休みしましたが、本日は道場に一番乗りです。

2番目に来たのは第四の男ことAさんでしたが、体調不良で見学とのことでした。

はじめから決めてましたが、本日は基本の技を2個しかやりません。

準備体操

打込み:正面打ち 横面打ち 中段突き

転換:二人組で 1本目、2本目まで

片手持ちからの四方投・表:基本の形で

片手持ちからの四方投・いろいろな崩しから

両手持ち又は諸手持ちからの四方投

交差持ちも加えて、どんな持ち方からでも四方投げ

一旦、三教

後ろ持ちから、四方投げまたは、三教のどちらか、手をくぐる方向に動くか逆かで変わります。

後から思いましたが、後ろ持ちの三教と同じなのは片手持ちではなく、交差持ちをくぐるほうですね。

ここまでやったら最後は総仕上げで、どのような持ち方をされても四方投げ(または三教)を掛り稽古で全員実施。なぜか、突きや打ちも出るようになり、四方投げ以外の技も出たりと、結局15分延長してしまいました。

これまで指導担当となると何をしようか悩んでいましたが、本日は皆さんが稽古しているのを客観的に見ることでいろいろな発見があり、勉強になりました。自然発生的に持ち方を変えてみたりと、次の稽古のヒントを皆さんから教えていただきました。メンバーがある程度、自主的に稽古できる方々だったからかもしれません。

そんな中、第四の男ことAさんは見学と言っておりましたが、結局最後まで板間のほうで同じように動いて反覆練習されていました。稽古熱心で頭が下がります。体調が戻ったらまたお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です