たかが一歩、されど一歩

今日の稽古で一教の入身について稽古しました。
私は、一教の入身の明暗はいかに入りがたい一歩を入ることかと思っています。
口で「もっと一気に入り込め」というのは簡単なのですが、これを体感してもらうのはとても難しい。
さらに、その上でそれができるようになるのはさらに難しい。
一歩、さらに言えば一足を深く踏み込むためには、以前書いたように無意識に動いてしまう身体を意識的に動かないようにする必要があります。
意識して脱力することはとても難しいです。
合気道を初めて25年になりますが、いまだに十分な自信はありません。
みなさん一緒にがんばりましょう。


Today we praciced the movement of “Ikkyo”.
Especially the movement of foot.
I think what is the most important is to step forward even if it is too difficult.
Telling to do so is easy, it is so difficult to do actually.
To move farther forward, to step in the best position, we have to controll our body.
Usually, our body move natually when we feel the danger.
Our body hardens when we are under the danger.
So we have to controll our body softly in Aikido.
To move softly and smoothly in emergency is very difficult.
I haven’t been able to do so perfectly yet, even I have practiced Aikido for 25 years.
Let’s practice together.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください