リアル車将棋2

その2です。すでに、車好き以外読んでいないと判断して書きたい放題書こうかな。

車の選出基準は「過去の名車VS現在の車」。
本当はトヨタにはもう少しこだわりをもって車種選択をしてもらいたかったかな、と思います。
多分、よく知られている車というのがコンセプトにあると思うのですが、例えばセンチュリーなんか私の子どもの時代から「超高級車」というイメージがありましたが、選出されませんでした。あと、誰もが知っているあのトヨタのスーパーカーもいませんでした。是非入れてほしかったのですが。

個々の車種について思うことは、

王将:トヨペット クラウン(2代目)  VS クラウン アスリート
「自分で運転する車」という括りで考えるのであれば、やはりクラウンなのかなというので納得です。ただ思うのは、過去の名車組のトヨペットクラウンはステータスだったのに対し、クラウンアスリートはもう少しくだけた感じの車のような感じがします。これは日本人の生活が豊かになったためなのか、生活スタイルが変わったのか、それとも文化そのものが変容したのか、そこまでいかずに単にクラウンの立ち位置が変わったのか・・・ ついいろいろと考えてしまいました。

金将:プリウス(初代)  VS  プリウス
何が「金将」なんだ!
と思わず叫んでしまいました。
売上か? 販売台数か?
金将って王の横にいる駒でいわば側近でしょ。将軍の側近、水戸黄門で言えば助さん(多分)。
プリウスでいいのか? 強そうじゃないぞ。
というのが私の気持ちです。
もう一つ思うのは、初代のプリウスはもう「過去の名車」なのか?
そんなに二十世紀を過去にしてしまいたいのか(プリウスは1997年発売)?
とNoriさん並にとっても疑問符がたくさん渦巻いています。

銀将:アルテッツァ  VS  ハリアー
アルテッツァ。なるほど。今回もっとも納得した選択の一つです。いい車だと思うのですが、なぜか地味なイメージがあります。もっと言ってしまうと中途半端、な感じがする車だと思っています。この車が出ていた当時はトヨタはスポーツタイプの車があまりなかったという事情があったのでしょうが(マツダはバリバリでしたが)。なんとなく「銀将」というイメージかも。
で、対するはハリアー。なぜこれが銀将? 人気度・見た目の雰囲気的にも目立つし、なんでここに配置?
とこちらも疑問符。
人気車種なのでなんとしても入れたい、と思ったのでしょうか。でもそれなら次の角行でいいじゃん、と思ったりもします。

角行:ランドクルーザー(40系)  VS  MIRAI
角ってなんか、攻撃力はあるけれど脆い感じがする駒で、車に例えるのはなかなか難しいのではないかな、と思います。角は自陣から一気に敵陣に入ってくことが多いので、ランドクルーザーはいい選択な気がしています。
問題はその相手のMIARI。ランクルとぶつかったら負けるよ。強い感じもしないし。個人的にはどちらかというと角をハリアーにして、MIRAIを銀将にした方がよかったのでは、と思いました。というか、まだ実際に走っていない車を無理矢理入れてくるなんて、まんまCMですね。

まだまだ続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください