痛かった…

こんばんは!

今日は田中先生練に参加しました!

私は昇段審査への緊張とプレッシャーで神経をすり減らしながら稽古をしてきたので最後の方は正直記憶から抜けてしまったのですが…😅にしても今日の稽古は痛かったです!

ピックアップして書かせていただきます!

まず片手持ちの二教。

よくやる技ですが私は未だにどこを決めればいいのか、どこに落とせばいいのかなど理解していませんでした

そこで唸っていると先生が教えに来てくださいました。↓︎↓︎こんな感じです

田中先生「こうやってやるんですよ。」

私「はい。…うっ?!( ゚д゚)」

ピンポイントで効きました。いい形でできない私に何回も教えて下さる先生、そして相手はかける度にすごく痛そう…なんかごめんなさい😓

自分は手首の密着と体を使う方向が関わってくるのかなと思いました。また今度稽古の時に誰か一緒に分析してください!形を体にしみこませてきたので!!

そして二つ目は四教です。

とりあえず組みになって始めていると早々に先生がいらっしゃって四教のキメ×4連発!↓︎↓︎こんな感じ

田中先生「ここをね、こうするんです」

私「んぐっ?!Σ(  Д )ﻌﻌﻌﻌ⊙ ⊙」

私「ちょ、………ぁ(°口°๑)」

このように声も出ない痛さです。しかも他の人にかけられるのとは違ってすごく鋭い痛みが残るんです!手首が取れるんじゃないかというような感じ😓

でもポイントはわかったのでとても貴重な体験だったと思います。

 

田中先生練に参加する度に思うのはこのピンポイントな責めを1回も外さずずっと変わらず…本当に人間技とは思えない!!!ということと、

本来の合気道の形はやはり田中先生の形なので、目指すべきものを身近で感じれて嬉しい♪ということです!

私も昇段審査を終えたという節目を期にたくさんの場所で稽古して基礎の達人になるべく頑張っていきたいです💪

 

とりあえず今度の稽古は犠牲者を数名出せるようにがんばります😎

「痛かった…」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください