師範のお話 その1

みなさんも合宿でご存じのことと思いますが、田中先生は稽古の最中にいろいろとお話をしてくださいます。

名古屋至誠館の夏合宿では、子ども達がたくさんいるので子ども達にもわかるような「ちょっとだけ難しい話」をしてくださいますが、東大の合宿では武道感やご自身の体験から時事問題まで実にさまざまなお話をされます。
長いスパンで考えると、われわれの若いころは戦争をテーマにされたお話が多かったのですが、最近はご自身の武道家としての体験や、武道感についてお話を伺うことが多く、いつも楽しみにしています。

その中には、今ではもっぱら文献の中で目にするような内容もあり、またすでに映像でしか見ることのできない事柄を実体験として聴くことができるのでとても貴重な体験です。かつてAFWさんもかねてよりの疑問を質問して、なかなか知ることのできない真実を知ることができたようですが・・・

そんなびっくり箱のようなお話を楽しみにして今回の合宿も参加したのですが、今回のびっくり箱は「武田惣角」でした。さすがに先生も直接のお知り合いではないようでしたがなかなか面白い話を伺いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です