12月11日(土)東郷稽古日誌

今年も残すところあと1か月となりました。新型コロナウイルスが少し沈静化して、体育館の人数制限も少しだけ緩和されました。

このところ前後半に分けて、子ども達の稽古時間が短かったので、今日は学年が上の子ども達は前後半の両方に参加できるようにしました。

前半は少し遅れて参加したのもあり、先に稽古を始めてくれていました。引き継いだ時点で、正面打入身投→横面打入身投と稽古したところだったので、「ここで流れを変えてはいけない」

という強い責任感をもって、諸手取入身投、片手取入身投、交差取入身投を稽古しました。皆さん満足そうでよかったです。

後半は、ゆっくりと二教、三教と身体の使い方の稽古をしました。

個人的にはいい稽古ができたと思っています。

「12月11日(土)東郷稽古日誌」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください