浜イン

GWどこも行かないのは、という非常にジャパニーズな感覚で浜松に行って来ました。
個人的には弁天島界隈の人々の文化や森且行君の活躍を見に行きたかったのですが、そこはぐっとこらえて、フラワーパークとエアーパーク、うなぎパイファクトリーと楽器博物館という非常に表文化的なところを見学してまいりました。

フラワーパークはこの時期ツツジと藤がとってもきれいでした。
最近では藤棚をあまり見かけなくなりましたが、あの淡い色合いは日本人好みでとてもいいですね。といいつつ写真はファレノプシスとサボテンなのですが・・・

ついでに行った(すみません)うなぎパイファクトリーはとっても甘い匂いで満たされていました。
お腹がすいた状態で入ったらよだれじゅるるっ、という感じになりそう。
入り口で見学申し込み(無料)をするといきなりお土産のうなぎパイを。


うなぎパイは完全自動化で作っていると思いきや、意外に職人の技が重要なようです。
因みにうなぎパイは「夜のお菓子」という怪しげな肩書がついているのですが、その理由は「夜に一家団欒して食べてほしいお菓子」だからだそうです。
なるほど、そんなアットホームな意味だったのかと納得したところ、材料の欄に「夜の調味料ガーリック」と・・・・
先ほどまでのすがすがしい気持ちも霧消したので、お土産を買って移動。

今回の一番の目的は通称エアーパーク。
浜松航空自衛隊基地広報館です。カーナビにしたがって基地へ近づくと「そのまま2キロ直進して左折してください」ふむふむ2kmね。
指示されたところで左折すると「2.5キロ先目的地周辺です」。なんと、基地の周りを5キロ近くも走ってようやく到着です。
期待に胸を膨らませて展示館に入ったところ!!!!
なんと、先代のブルーインパルスがあるではないですか!!!!
この機体とっても好きなんです。子どもの頃から憧れていました。


本当にかっこいいですよね。まさにサムライブルー。
しかもなんと、コクピットに座れる。
いやあ、本当に感激しました。
また行きたいなぁ。いや是非行こう。いや、行く(確定)。
その後全天周シアターでブルーインパルスのショートムービーを見てさらに感動。
今回は時間の関係でほかの展示をゆっくり見ることができませんでしたが、次回はじっくり見るぞ!
しかもこれで入場料は無料なんだから、もう感激です。
航空自衛隊の皆さん頑張って下さい。

最後は浜松駅前にある楽器博物館。
ここは楽器に興味のある方にはとってもおススメですが、そうでない方には全く楽しくないところです。
とても勉強になりました。

浜松餃子も堪能して、とても楽しい旅行でした。
今度は子どもたちと「灼熱の中田島砂丘ダッシュ大会」やりたいですね。

DSC_0601
DSC_0601

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください