3月11日を迎えて

今年も3月11日を迎えました。
今年で東日本大震災から6年が経過しました。

この6年があっという間なのか、長い長い6年なのかは人によってさまざまかと思います。

昨日は稽古日だったのですが、一緒に稽古している小学校1年生の子たちの顔を見ながら、「この子たちは、この震災のことを知らないんだな」とつい思ってしまいました。
中部地方はずいぶん昔から大地震が起こると言われていますが、できればこの子たちが一生そういう災害を経験しないで過ごせたらと思いました。

まだまだ被災地(この表現も悲しいですが)の多くは復興が進んでいないように感じられます。
中には色々な意味でもう回復が困難な地域もあるようにも思われます。

改めて、一日も早い被災地の復興と、被災地の子どもたちの幸せを心よりお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です