7月30日(土)午前稽古日誌

今日で7月も最後、あと2週間もすればお盆になります。

今日はいつも隣で稽古している剣道がお休みで非常に静かです。
お隣同士たくさん子ども達がいて、活気のある稽古をしているのがいいなあと思いました。

さて今日の稽古のテーマは「座り」です。
座りの技は合気道の最も特徴的な技であるとともに非常に流麗で美しいと思います
とは言え、普段の稽古ではなかなかやらないので今日は少し意識してやってみました。
ただあまり座りばかり続けると膝に負担が大きいので、座り、立ち、座り、立ち、と交互にやりました。
一教とかはいいのですが、入り身投げとかはなかなか皆さん慣れていないので大変なようです。
でも、子ども達がとても足さばき(体捌き?)が上手くて驚きました。
やはり子どもは侮れないです。

後半は面太刀付の練習。
AFWさんや日拳T君、頑張ってください。

今日体験に来てくれた子どもがいましたが、関節技痛かっただろうねぇ。
でも、合気道は楽しいよ。

 

「7月30日(土)午前稽古日誌」への1件のフィードバック

  1. 座技入身投げで受けの時にスムーズに動けません。
    何かコツはあるのでしょうか???(゜.゜)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください