6月25日(日) 八事稽古日誌

今日は体験の方が来てくださいました(^^)
よく八事道場の前を通られるそうで、合気道のポスターを見て心惹かれたと言われました。嬉しい限りです。

準備運動と打ち込み後、
稽古は転換シリーズで。
・片手持ち隅落とし
大きく転換して足を動かすバージョン。
・片手持ち側面入身
一度後ろに転換するタイプ、
大きめに回ります。
・片手持ち転換
2人組で持たれた手の方の足を軸に転換します。
技の中では大きく足を動かすことを意識しますが、転換自体は基本全体が回るのではなく軸で回ることを意識します。
・一教裏
手を合わせたところから一歩入って軸足で回ります。
相手と合わせた手ではなく自分の転換が綺麗にできることを意識します。
・四方投げ裏
小さく回ることを意識する形で。なるべく自分の前に手を置き軸で回ります。
・転換
半身の前足をそのまま軸にするタイプと、
一歩出して大きく転換するタイプと二種。
どちらも体全体が回るのではなくあくまでも中心が回ることを意識します。

技としては均一性のない形になってしまいましたが、どれも転換を意識しながらをテーマとしてみました。
同じ「側面入身」や「隅落とし」でもいろんなやり方があって、難しいですがどの動きもやってみられるといいなぁと思っています。
体験の方に分かりやすく解説を加え教えてくださったshizukaさん、ありがとうございました(^^)

「6月25日(日) 八事稽古日誌」への2件のフィードバック

  1. Noriさんの受けをさせていただきましたが、、、
    なっなっなんと!
    片手取りの側面入り身を転換せずに稽古してました。
    どこで吹っ飛んだんだろう?まあ、この歳になると、
    受け身を失敗して大きなダメージを受けたりして、
    記憶が飛ぶこともままあります。
    ご容赦くださいませ!m(_ _)m

    1. 受けをしていただき、
      ありがとうございました!
      あの日はそう激しい技はなかったような…?(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です