6月15日稽古日誌

ぼんやりしているうちに稽古日誌に出遅れた。
あ、でもまだ山鉄さんがいるか♪

さて、今日の稽古ですが時間にゆとりもあるので?
四股と転換をしっかりやりました。
実は四股250回に転換300回です。
私はきちんと数えていました。
みなさおつかれさま。

本当にみんなうまくなっていると思います。ひいき目かもしれませんが。
どんどんほめてあげてください。大切なことだと思います。
でも、一方で満足は進歩を停滞させる面もあるので、そこはなかなか難しいと思います。

一方で大人の有段者はみんな「勝手に悶々モード」「勝手に私はダメだ」モードになるので、ある意味楽です。すみません。
今日の見学者は関西で合気道をやっていらして、興味を持って今日見学に来て下さった方。
色々な話を聞けて楽しかったです。今はけがをされているとのことなので、また治ったら稽古にも来てくださいね。
もう一人は子どもの稽古を見学に来られた父兄。
「予想通り」だったとの評価はうれしかったです(と受け取っていいんだよね、たぶん)。
こちらもいつでも大歓迎します。是非一緒に稽古しましょう。

で、今日感じた私の課題。
実は説明が下手のなのか?
伝えたいことが伝わっていない。すみませんでした。
説明するのは難しいですね。

気をとりなおして来週は転換500回だ?

「6月15日稽古日誌」への1件のフィードバック

  1. いえ、理解する方の問題かと(^_^;)
    前にも言われましたが、見方の範囲が狭いんだと思いますm(__)m
    一歩引いて全体像とか基とかより、細かい動きや部分などを気にしすぎているのだと。

    反省m(__)m

    悶々とはしてませんよ(゚∇゚;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください