4/13副館長代理補佐

握る場所によってすべてが違う。
「握る速さ」「握る強さ」「力のかかる方向」
先生に言われるまで気づきませんでした。m(_ _)m

それをふまえて「胸持ち」
この四ヶ月、いつもわからなく稽古相手の方に指摘されて
「あ〜」というのがほとんど
でも今回は初めて「あ〜」が先に来ました。

四ヶ月!四ヶ月経って初めてです。
今まで100歩、200歩と後退ばかりしていたのが
やっと一歩、やっと一歩前進です。(半歩かも・・・)
それでもかなり後退してますが・・・

でも、出来た訳ではありません。
「やった〜出来た」ではなく「あ〜」なのです。

先生に胸持ちすると「ポーン」
私が技をかけると「ズルズルズル〜ベチャ!」
ん〜とても不恰好 ( ̄◇ ̄;)

最近よく先生に屈辱的な潰され方をされます。
手を前に出したまま上半身から倒れる。
本当に車に轢かれたカエルのよう・・・
こっちが全力で行けば行くほど倒され方が酷い(; ̄ェ ̄)
オカルトチックです。

でも、最近その倒され方をされるのが楽しいσ(^_^;)

皆さん、体感して下さい。

「4/13副館長代理補佐」への1件のフィードバック

  1. 副館長代理補佐さんがどんどんオカルトの世界に・・・
    いや、失礼いたしましたm(__)m

    頭で考えてしまうだけで体が動かない(>_<) いつも指摘していただいて感謝しています。 本当に感覚の鋭さはどんどん磨きをかけていらして内心焦っておりますが(^_^;) これからも頑張りましょう(*^_^*) 皆さんに先生の技を体感していただいて 刺激を受けて欲しいですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください