11月25日(水)稽古日誌

今週は学校のテスト週間どまんなか。
中高生10名が休みとなり、とってもさみしくなってしまいました。
でも、学生の本分は勉強なのでしっかり頑張ってください。

さて、今日の稽古は先生稽古のおさらい。
諸手取りの稽古です。

まずは諸手取りの非力。

次は諸手取りの二教。
持たれた瞬間から転換してきちんと捌くことを意識した稽古をしました。
最後の極めは普段と違う形で極めます。
一部の人たちは最後の極めに興味をもったようです。

続いて諸手取りの十字投げ。
これもポイントは同じで接触の瞬間の動きが大切です。
転換から体を入れ替えた時にきちんと相手の両腕を極めます。
このとき力や勢いで極めると怪我をしやすいだけでなく、力の強い相手には効きません。

最後は諸手取り入身投げ。
最初の崩しがしっかりできていないと相手が崩れてくれません。
崩れない状態で投げると力任せになってしまいます。
また勢いで振り回すと相手が離れていってしまいます。

今日の諸手取りの捌きはとても基本的で重要な動作なので、繰り返し稽古して下さい。

最後に一人昇級審査。
よく稽古できていました。高学年なので厳しいことも言いましたが、頑張って稽古してきちんと技ができていました。
受けのA君がしっかりと教えてくれた成果がよく出ていたと思います。
A君おつかれさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください