大学合宿レポート 東大編

名古屋至誠館の合宿は7月中に無事終了しました。
8月は大学の合宿ラッシュで、自分の稽古をする格好のチャンスです。
というわけで、8月の7日から10日まで東大の合宿に参加してきました。

8日金曜日の午後に戸狩の合宿所に到着すると、水鉄砲を持った学生の集団が。
合気道の稽古ではなく、水遊び?
いやいや、飛び道具に対する鍛錬に違いありません。
きっとさっと交わして・・いないですね・・・
夕方になると、水も滴るいい男といい女になった学生たちが戻ってきてBBQです。
今回の合宿、私はBBQ・稽古・稽古・コンパ のスケジュールでの参加となります。
母校ではこういうOBをコンパOBと呼びます。

外でのBBQが終わったところで、室内に戻ってOBで「ミーティング」です。
皆さん忌憚ない意見をいうべく、潤滑剤を積極的に摂取します。
大半の方が量の調整を間違えて口が滑りだします(^^)

今回の合宿はスキー場の戸狩ですが、体育館が暑い。
全然風が通らない。私は座っているだけでガマガエル状態です。ゲコゲコ。
先生も「伊那は涼しかったよ」とOBや現役に話しをして下さっていました。
土曜日午前の稽古は体術がメインでした。

学生は真剣にかかってきてくれるので、自分の普段稽古している技術を見直すのには絶好の機会です。
さすがに技をかけることに困ることはないのですが、まだまだ鍛錬が足りないところがたくさんあることを実感しました。
名古屋至誠館のみなさんにきちんと稽古してもらうためにも、もっと頑張りますm(_ _)m。

土曜日の午後の稽古は半分体術、半分剣対杖。
今夏田中先生の合宿は2回目なので、うちの合宿でもやった技もいくつかあって、復習になります。

稽古終了後たけ、しゅう達と近くの温泉に入って汗を流し、いよいよメインの懇親会へ。
私とたけを中心とする有志「樽酒の会」で毎年2斗の樽酒を夏合宿の打ち上げに差し入れしています。
そう、樽がきちんと届くかの確認と、味が例年通りか確認することが私の使命なのです。( ̄^ ̄)ゞ
今回は余った分を少し分けてもらってきましたが、Mightyさんお味はいかがでしたでしょうか?

無事鏡開きも済んで、無事味も確認し、無事気持ちよくなって、大きなけがもなく母校の合宿は今年も終わりました。
二次会での日本酒はかなりきましたが・・・

来年も使命を全うするため、合宿に行きます!
どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。m(_ _)mm(_ _)m

「大学合宿レポート 東大編」への2件のフィードバック

  1. 私は高校までは体育会系でしたが、大学時は帰宅系。
    (学費捻出のため仕方なかったです^^)
    先生の合宿レポートを見ていると、羨ましいです。
    大学時も何かやっていればよかったかなぁ~

  2. 最近忙しそうにしているMightyです。
    約1ヶ月ぶりにHPを見るとワタシの名前が・・・(汗)
    樽酒のおすそわけは、ワタシの鼻と舌と胃袋を心地よく刺激しながら、ワタシをあっという間においしく「呑みこんで」くれました(^o^)/
    先生、大事なお酒をありがとうございましたm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください