「Nori’s ”B” Room」カテゴリーアーカイブ

技の備忘録

今日稽古の際に自然体T君に「こんな技を習ってきました!」
と教えてもらった技が「なるほど!」と思ったので
備忘録代わりにアップします。

一応読めるようには書くつもりですが、備忘録なので多分よんでもよくわからないと思います。
すみません。

形は片手取りあるいは両手取り
外形的には崩しを行う手を
体側(腰のあたり)につけた状態で
指先を下に向けた状態で内回り(時計の反対回り)に捻る(回転させる)

崩しを行うための空間スペースの確保を意識。
引くのであれば空間の確保はしやすいが、手の位置をそのまま固定する場合は空間が作りにくい。
相手との結び(つながり)を意識しながら、引いた時と同じ空間の広さを相手側に確保するように当て込む。
その際には当てた状態を維持しながら押し込むのではなく、つながった状態を維持しながらタイミングよく軽く相手側に空間をずらし込む感覚で。
全体の大きな感覚は以上のような感じで、接触点の感覚としては接触面が滑らないように回転させる。
ほんの少し擦る(当てる)感覚がよいのかも。
全体の動きをタイミングで行うと、接触面が離れてしまいやすいので、空間を作り出すタイミングを回転のタイミングを一致させて、全体としては押し込まないようにしながら、接触面の繋がり(摩擦)を維持する。

よし、これで見返した時に自分にはわかるぞ!
ありがとうT君。

『受け』について

常日頃、できないことが多すぎて悩んでばかりですが、
中でもずっとわからないことがあります。
それが、『受け』。

技の稽古の中でどれくらい受けが受けるべきか、
そういうことももちろん悩ましいですし、
特に子ども達の稽古では、
もっと受ける姿勢を重要視するべきかなとか考えたりもします。

ですが、本当にわからないのは
個人的な話で申し訳ないのですが、
どういう受けが一番正しいのか、ということです。

私は受けが本当に下手で、
それも、技以前の、受けが仕掛ける攻撃から苦手です。
苦手というより、わかりません。

幸い道場には他にも格闘技をやっていらっしゃる(いらした)方が何人もおられ、
格闘技や武道に対するお話を聞けることが多いので
意識に関することはなんとなく考えはできるのですが、
どういう受けをすれば、相手の技を一番正しく感じられるのか、
体感としてわかりません。

もちろん、必要以上に力を入れたり踏ん張ったり
逆にまったく力の入らない持ち方だったり
そういうことが正しくはないことはわかりますし
しないようにしているつもりです。

でもそうではなく、もっと正しく感じられる、受け。
きちんとした、持ち方や突き方、打ち方で
せっかく技をかけてくださる方、
特に上手な先生方の技を感じられるようになりたいです。

最近考えていることの一つをちょっと書いてみました。
個人的な話ですみません。

1/27 日拳t 備忘録

1片手持ち 諸手持ちから抜いて上げる

持たれているところは動くわけがないので(動かそうと思うとあたる)その延長にある部位がどれほど動くかを自 分なりに考える

諸手持ちのほうが二点で固定されているので可動域は減る

動く領域を見つけたらそこに自分の体を落とし込む(ここが難所な気がする)

 

2片手持ちから自分の手と自分の重心をつなげて腰の動きによる重さ が手に伝わるようにし相手とのつながりも大事にして進む

四方投げの入りなどに使ったりしている

(cfサンチン立ち?)

 

3両手持ちから相手とのつながりを意識する

押すほうはいいけど引くときにつながりが切れてしまう場合は自分の掌の向きなどを確認してみるとよい

不自然な形ではうまくいくはずがない

自然に自然に

 

4片手持ちから当ててつながりができたら軽く引いてみる

うまくつながっていればちょっと引くだけで相手が崩れる

当てるときに敵意むき出しで当てるとつながりはできない

棒でぐんぐん押すイメージではなく棒の先にガムがついていてそれをピトッと相手につける感覚

 

5片手持ちに来た相手を掌で制す

相手の腕の下にある曲線(曲面)をイメージしそこを自分の掌でなぞる感覚

 

 

自分の中の感覚の言葉

ペタペタ ぐぅーん ふにゅーん スイー むにゅーん ズーン ピタ-ン

 

稽古後稽古

曲面

やわらかい膜

バーチャル⇒リアルへの接続と連続性

ヤモリの吸盤が掌全体についている

掌の形