7月4日(土)稽古日誌

今日はともかく蒸し暑かったです。
道着に着替えて袴をはいた瞬間に暑がりの私はすでに汗が・・

今日の稽古は先週からの流れで受けを意識した稽古を。

両手取りの天地投げ
初心者の子が両手の技に慣れるために基本の技から。子ども達に注意したのは、手の動きと足の捌きを一致させること。

続いて呼吸投げ
技をかける方は無理に投げようとするのではなく、相手のバランスが崩れるタイミングを感じ取って投げるように。動き方に制約をつけたため、技が効くというよりはダンスをするような形になりますが力みのない動き方を感じ取ってもらえればと思います。
そのためには、受けがしっかりと相手の動きに合わせて動くことが大切です。無理に頑張って耐えていると、技がかかるタイミングがわからなくなるので、自分が投げる時の感覚が身に付きません。

今日の稽古では杖もやりたかったので、ここから杖の技。

最初は誘いに対して二教をかけてきたのに対する返し技。
これは難しいので、何度も繰り返し稽古して下さい。

続いて、呼吸投げ。
杖の稽古のよいところは、その技を稽古する以外に力まない手首と身体の使い方を意識できることだと思っています。

最後は杖を使って二教。

いよいよ二週間で合宿です。
みなさんしっかり稽古しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください