五教 副館長代理補佐

五教の入りがうまくできない?ということで稽古後の自主稽古でNORIさんとRAHさんで五教の復習です。
まず、手をすらして?添えて?入るのを試しましたが、RAHさんの激しい打ち込みでは合わないと道着が擦れて腕を擦りむきます。移動距離としては最短なのですが、入った後の入れ込む方向の角度が窮屈になり腰を落としにくいです。
次に肘から回して落とす方法です。これは落としこむ方向が緩くなり腰を落としやすです。
落としやすいですが、間合いが遠い(−_−;)
正面打ちでも同じですが、遠くで受けると次の技に入れません。先生と私では入った時に半歩違います。先生は相手の体動に合わせて入るのですが私はタイミングを見計らっていくので入りにばらつきが出ます。先生と同じタイミングで入ってもその後の捌きで差がかなり出ると思います。
次に私が最初に試した手を添える?方で先生が行いましたが、いとも簡単に中央、腰側、外側に落としてました。角度がキツイとかの問題ではないですね。
先生が正面打ちでも接点を意識して落とすとそれだけで相手を制することができると言って正面打ちの入り身の入りとすかして腰に入れ込むのをしてくれましたが、私の好きな「嫌〜な感覚の負けた感満載」でした。( ̄◇ ̄;)

朝起きると擦りむいたところがヒリヒリして肘の内側が青タンになっていましたが、RAHさんも大丈夫だったでしょうか?
私の弱い打ち込みでは進撃の巨人並みに頑丈なRAHさんには通用しないかしれないですね。
( ̄ー ̄)

「五教 副館長代理補佐」への1件のフィードバック

  1. 私も青タン出来てますよ^^
    この青タン、時間とともに黄タンに変化し
    その後なくなっていきます。
    若い時は黄タンは無かったんだけど。
    私の青タンは全くお気遣いいただかなくて
    大丈夫です。
    関節痛いのは苦手ですが、打撲系は得意です。

    皆さんご存知の通り、五教に代表される、
    横面を初動時に制するのが私は大の苦手!
    「すぅ~~」と制したいのですが、
    それが出来ず結局、「バチッ!」
    皆さんには痛い思いをさせて申し訳なく
    思っています。(本当ですよ。)
    故に、積極的にこの技を稽古する事がなく、
    さらに苦手となっているわけです。
    どなたか、「俺はMの代表だ!」という方、
    是非稽古にお付き合い下さい。m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください