これから武道を始める方へ

世の中に「武道」と名前のつくものはとても沢山あります。
そのどれもが、特定の技術や動作、理合について特化しているものであり、学ぶべき価値があると思います。
同時に、特別な一点に特化することでどうしても残りの部分は軽視されがちになり、一長一短も生まれると思います。
例えば、拳による「突き」の使い方を徹底的に求める武道は「蹴り」を稽古する時間が必然的に減ってしまったりする、ということです。

なので、「オールマイティ」を掲げる武道はどうしても眉唾になってしまうのが、私の持論です。
(ただし、「広く浅く」という点に特化する武道であれば、一通りはできる、ということになります)

実際に武道を学び始めると、次々に求めるものが生まれたり、変わったりするので実際にはそんなに深刻に考える必要は全くないのですが、
武道を始める際には、「とりあえず自分が求めたいもの」を考えてみることがよいと思います。

同じ合気道であっても、流派や道場によってやはり「特化したい」ものはあると思うので、その中で自分がやりたいと思う合気道に近いもの(相手を投げ飛ばしたいのか、技術を求めたいのか、理合を学びたいのか)を直観的でかまわないので、判断してとりあえず始めるのがよいと思います。
どこの道場のみなさんも、その道場のスタイルに居心地の良さを感じて稽古を続けているので、雰囲気から判断すればよいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください