4月16日(日)稽古日誌 byしずか

日曜日は東の方から剣術師さんが愛息を引き連れて参戦、それから愛息の友達(名古屋在住)も体験に来る、ということで、ちびっこ稽古とのオーダーをいただいていました。

というわけで、7~6級の昇級審査の技を稽古しました。

準備体操→四股→体の転換→受身・膝行ののち、

①正面打ち一教裏
②順手取り四方投裏
③両手取り天地投裏
④正面打ち入身投
⑤順手取り呼吸投
⑥座りの呼吸

 

稽古の最後に白帯ボーイとオレンジ帯ボーイが昇級の技を披露してくれました。詳細は省きますが、「おおっ!」ってなるのと「もうちょっと!」というのがありました。今後も引き続き頑張りましょう。

昇級審査の練習をすると、普段意識しにくい間合い・誘い・残心などに気を付けることができるかと思います。
ただ、技そのものについては、普段の稽古以上のものが審査で出る、というものではなかなかないと思います(緊張しちゃいますしね)。昇級前だからと気張って練習するのではなく、普段の稽古を地道に頑張っていきましょう。ともあれ、昇級審査まであまり日にちはありませんので、受ける人は頑張ってくださいね。

稽古後は剣術師さんから剣の稽古をつけていただきました。優しい御指導ありがとうございました。

剣術師Jr.もそのお友だちも楽しそうに稽古してくれたようでよかったです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください