副館長代理補佐の独り言(条件反射?)

先週の金曜日に葉葉と港区の新茶屋に出来たイオンに行ってきました。
さすが何もないところに造っただけあってデカイ!
熱田のイオンの1.5倍ほどでしょうか。駐車場も平面駐車場が広いのでとても便利でした。

ショップも数が多く同じような店が同じフロアーにあるので比較しやすい大沼ではないでしょうか?

ただ食事とトイレが・・・(−_−;)

トイレは女性用が大渋滞。
常に10人近く並んでいてとても不便でしたね。
増設予定とは書いてありましたが、こうなることは予想できなかたのでしょうか?

フードコートは席の中央にエスカレーターと通路があるため買い物客が横を通るので落ち着いて食事が出来ないかもしれないですね。
レストラン街も店舗の外にあるため、雨の日や真夏、真冬は並んでいても辛そうです。

なるべく空いている店に入ろうと『ヴィレッジ・カフェ』という洋食店に入りました。
この店が・・・(ーー;)

注文をしてから席に着くセミセルフ的な方式なのですが、これが良くない。
カウンターで混雑するし、ドリンクとサラダは注文時に自分で席まで持っていきます。先に説明してもらえれば温かい飲み物は注文しないようにしたのに

でも、パスタを食べてビックリ!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
久しぶりに初めて入ったお店で『あ!おいしい!』と思いましたね。

注文時にはイライラしますが、もしガラガラの時があれば食べてみてもいいと思いますよ。

お昼をすぎるとさすがに人が増えてきました。

前から歩いてくるお兄さんを見ながら
『ここで突かれたら右手でさばいて入って・・』
『あの傘を振り上げられたら・・・』
『この横にたっている人に腕をつかまれたら・・_』

と考えながら小刻みに体を動かしていたら

『小刻みに動かない!動きが変!』
『誰も襲ってこないし、つかんでもこない!』

と、葉葉に怒られました・・・_| ̄|○

でも、皆さんもないですか?
町中で条件反射で動いてしまったり、イメージトレーニングや、肩を抜くようにしてみたり・・・

皆さんも普段一人で稽古していることや町中でイメージしていることがあれば教えてください。
m(_ _)m

「副館長代理補佐の独り言(条件反射?)」への4件のフィードバック

  1. 今度、どこかで副館長代理補佐さんをお見かけしたら、
    正面打ちの挨拶をしないといけないようですね~フフフぅ~

    人の多い量販店に出かけると、人とすれ違う事が多くなります。
    そうすると、正面から歩いて来る人との間合いを意識してしまいます^^
    身長の大きな人、小さな人、相手には不自由しません。
    「ここだぁっ!」とか、「もう半歩手前かぁ?」とか、

    一人で稽古するわけではないのですが、、、
    最近、拳法の方ではあまり試合形式の乱捕りをしなくなったため、
    どうしても間合いと、相手の攻撃の読みやその反応の感が悪くなります。
    そこで、拳法の稽古時には相手を見つけては、突きと蹴りを制限せず、
    単撃、連撃(連攻)、段激等を仕掛けてもらい、捌きや受けをしています。

    いや~鈍くなってますよ!間違いなく!

    1. いいですね〜
      正面打ちの挨拶

      ぜひ、葉葉のいるときにお願いします。
      一緒に怒られましょう(^ー^)ノ

      1. 「エ~イッ!」
        「ト~ゥッ!」
        ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘  逃げ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください